mmcbuk-本日の注目の3銘柄

好材料開示情報

7月6日これが今日の有望カブだ

ヴィッツ <4440> [東証M]
今期経常を一転3%増益に上方修正・最高益更新へ。交通事故リスクを情報統合化する「リスクポテンシャルシンセサイザ」と、可視化する「WARXSS RPV」の提供を開始。MaaS事業者、自動運転技術開発企業、製造業者向けに販売を展開する。

ディー・エル・イー <3686>
東証が6日売買分から信用取引の臨時措置を解除する。日証金も増担保金徴収措置を解除。

HPCシステムズ <6597> [東証M]
北海道大学大学院理学研究院が開発している化学反応経路自動探索プログラムと人工力誘起反応法を、スーパーコンピュータ「富岳」で採用されているプロセッサ「A64FX」へ実装し、大規模な化学反応経路自動探索の能力を向上させる可能性について共同研究を開始。

7月3日これが今日の有望カブだ

燦キャピタルマネージメント <2134> [JQ]
クリーンエネルギー事業で可搬型蓄電池「どこでも denchi」に搭載する再生リチウムイオンバッテリーモジュールを販売し、21年3月期第2四半期に1億円を売上計上する。

Jストリーム <4308> [東証M]
製薬業界特化型クラウドCRM「Veeva CRM」と連携し、医師のWeb講演会視聴履歴をMR(医薬情報担当者)に対してタイムリーに提供できるソリューション「Veevaデータ連携サービス」の提供を開始。

電算システム <3630>
債権保証型の後払い決済サービス「DSK後払い」を提供開始。業界に先駆けて「クレーム対応費用保険」を収納代行業務に導入。

7月2日これが今日の有望カブだ

ディー・ディー・エス <3782> [東証M]
テレワーク推進キャンペーンを実施。6月末に受付終了した「クラウド本人認証『マガタマサービス』無償利用プログラム」の期間を延長して提供。

ALBERT <3906> [東証M]
トヨタシステムズと営業代理店契約を締結。AI・高性能性能チャットボット「スグレス」のトヨタグループへの導入拡大を目指す。

ユニバーサルエンターテインメント <6425> [JQ]
19年12月末が基準日の株主優待品をクオカードとすることを決定。100株以上保有株主に対し、保有株数と保有期間に応じて1000円~5000円分を贈呈する。18年12月末の優待品は「Okada Manila」の優待券とアメニティセット、ポストカードの贈呈だった。